ガスコンロがあればお米は炊ける

みなさん、お鍋で炊いたご飯食べたことありますか?

最近では炊飯器の普及により、ガスコンロを使ってお鍋でお米をたくことはほとんど無くなりましたね。

でも、お米で炊いたご飯は炊飯器で炊いたご飯とは違った美味しさがあります。

お鍋で炊くと、熱が均等に加わるのでふっくらとしたお米になり、冷めても美味しいお米を食べることができます。

今回はガスコンロを使用するお鍋でのお米の炊き方をご紹介します。

材料

・お米(2合)
・水 450ml(目安)

1. お米は洗って軽く水気を切ってお鍋にいれます。
このとき夏場は30分、冬場は1時間浸漬を行うと芯のないふっくらとした美味しいご飯がたけます。

2.お米と水を鍋に入れたら蓋をして、ガスコンロの中火で沸騰させます。

この時の水の目安は2合で450ml(お米180ccの1.2~1.3倍が目安)ですが、お好みで水の量は調節して下さい。

3.沸騰したら、弱火にして15~20分加熱しその後火を止めて10分程度蒸らして
完成です。

沸騰した時にお鍋から吹きこぼれてしまうこともあるので注意して下さい。

ガスコンロとお鍋を使うとたった30分程度で美味しいお米をお鍋で炊くことができます。

最近の日本列島は震災が多く停電になることもあるので、炊飯器を使うことができなくない、ご飯を食べられなくなるということもあります。

でも、このガスコンロを使ってお米を炊くことができれば停電になっても美味しいお米を食べることができて元気が出てくるのです。

パン派が多くなってもやっぱりお米が良いですよね。

停電など生活が窮屈に感じている時に、美味しいお米が食べられるだけでも気持ちもかなりかわってくるので、ぜひ頭の片隅に置いてください。

昔ながらのお米の炊き方、週末の時間のあるときにでも試してみて下さい。

株式会社サンプルの最新情報をお届けします

シンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマ

※この表示はExUnitの Call To Action 機能を使って表示しています。投稿タイプ毎や各投稿毎に独自の内容を表示したり、非表示にする事も可能です。

ビジネス向けWordPressテーマ「Johnny」はシンプルでカスタマイズしやすいテーマです。ぜひ一度お試しください。