ガスコンロがつかない!片方だけつく? カチカチならないときの対処法

いざ料理をしようと思ったときに、ガスコンロに火がつかない!焦りますよね。
そんなときは、ガスコンロをよく観察してみると原因と対処法がわかります。
ガスコンロに火がつかないときに確認するポイントをご紹介します。

火をつけるときにカチカチしない

ガスコンロは、ガスを出して電池でスパーク(火花)をさせることで火がつきます。
もし、ガスコンロのボタンを押したりつまみを回しても「カチカチ」といったスパーク音が聞こえない場合は
電池切れかもしれません。 乾電池を交換することで、すぐに火がつくかもしれませんよ!

ガス噴出孔や安全装置が汚れている

ガスコンロの火が出る部分が目詰まりを起こしていると、火がつきません。
バーナーキャップを取り外して、ガス噴出孔を古い歯ブラシでこすると綺麗になりますよ。
また、安全装置が汚れていると火が消えてしまうことがあります。
ガスコンロのボタンやつまみから手を離すと火が消えてしまう場合は、安全装置を掃除してみて下さいね。

バーナーキャップが塗れている・ズレている

バーナーキャップを掃除して、乾かさないでセットするとガスコンロがつかないことがあります。
バーナーキャップが濡れたときは、乾いた布で水分を拭き取ってから自然乾燥させましょう。
バーナーキャップには凹凸があります。
ガスコンロ本体の凹凸とバーナーキャップの凹凸がしっかりハマっていないと火はつきません!

ガスの元栓は開いてる?

ガスコンロの故障では?と思っていたら、元栓が閉じていただけだった‥ということも。
初歩的なことではありますが、確認してみて下さいね。

株式会社サンプルの最新情報をお届けします

シンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマ

※この表示はExUnitの Call To Action 機能を使って表示しています。投稿タイプ毎や各投稿毎に独自の内容を表示したり、非表示にする事も可能です。

ビジネス向けWordPressテーマ「Johnny」はシンプルでカスタマイズしやすいテーマです。ぜひ一度お試しください。