ガスコンロって何年くらい使えるの?買い替えのタイミングは?

「最近ガスコンロの調子が悪い」と感じ始めたら、何年くらいそのガスコンロを使っているのか確かめましょう。これはガスコンロに限った話ではありませんが、ガスコンロにも寿命があるのです。買い替えのタイミングについてもご紹介していきます。

ガスコンロの寿命は10年ほどとされている

ガスコンロにトラブルが生じたからといって、すぐに買い替えをするのはもったいないことです。まずはガスコンロのガスの元栓やホースに異常がないかどうか確認しましょう。また、点火しない、点火しても火力が弱いといった場合は、乾電池の交換でトラブルが回避できることもあります。前回に乾電池を交換してから半年以上経っている場合は、乾電池が切れていてガスコンロがつかない可能性も考えられます。

バナーキャップに異常がないか点検する

ガスコンロにはバナーキャップと呼ばれる部品があります。黒色の部品なのですが、これが汚れていたり、浮いていたり、目詰まりを起こしているような場合もガスコンロがつかない原因となります。バナーキャップがこのような状態にある場合は、汚れを落とし、もう1度セットし直し、目詰まりを解消させることで、ガスコンロが使えるようになるかもしれません。修理業者に電話をする前に、1度点検してみましょう。

ガスコンロの寿命が近づいていて掃除などをしても直らない場合

自分でできる限りのことをしてもトラブルが解決しない場合は、修理業者に依頼することになるでしょう。ただ、ここで気をつけなければならないことがあります。ガスコンロの寿命が近づいているということは、すでに購入から長い年月が経っているということです。メーカー側もある程度年数が経てば、ガスコンロの部品の在庫を製造しなくなります。つまり修理をしたくても交換部品が手に入らないため、買い換えるしかないという状況が起こるのです。修理ができなくなったタイミング、これがガスコンロの買い替えのタイミングといえます。

株式会社サンプルの最新情報をお届けします

シンプルでカスタマイズしやすいWordPressテーマ

※この表示はExUnitの Call To Action 機能を使って表示しています。投稿タイプ毎や各投稿毎に独自の内容を表示したり、非表示にする事も可能です。

ビジネス向けWordPressテーマ「Johnny」はシンプルでカスタマイズしやすいテーマです。ぜひ一度お試しください。